鈴豆そうさく日記

自作イラストやドールドレスの紹介、日々の片付けや独り言などゆるゆる綴っていきたいです。

舞楽姫進捗状況:延々下塗り回

こんにちは、鈴豆です。

舞楽姫続きです。

suzumame.hatenablog.com

f:id:suzumame:20200402010224j:plain

衣装の下塗り中です。避けながら塗ってるのでちまちま~~~。マスキングするにしてもマスキングの手間もありますし、紙が傷んでしまうので・・・。色鉛筆系は基本マスキングしないです。

今回使用の「アルビレオ水彩紙」も、強度はやや強め、ではありますが、マスキングフィルムでは剥がず時に紙も一緒に持ってかれた事あります(ノД`)・゜・。。少しくらいなら何とか誤魔化しますが(オイ)、どうしようもない時は描き直し・・・、線画描くだけで一山超えそうなくらい大変な絵ですと、マスキングが怖くって・・・なるべく使わないようにしてます。

勿論、紙をもっと強いものに変えれば大丈夫かと思いますが・・・、お値段も気になるんで・・・。アルビレオは水彩紙の中では多分コスパ最強。中目にしてはマットですし、色鉛筆と水彩の併用絵なら悪くないと思います。

問題はスキャン・・・ボコボコが出ちゃう。前のスキャナでは紙の凸凹は全然気にならなかったのですが、今のスキャナーは紙のデコボコを見事に拾ってくれちゃうので;;合成処理は結構大変・・・!!!

色鉛筆のみならケント紙が推奨されますが、ケント紙ですと硬めの色鉛筆では色が乗りにくいという難点もあって。「驚愕のリアル絵」とかを目指すのでなければ、ケント紙ではなくて良いかなぁ、と。

ケント紙は安くて良いんですが、柔らかめの高級色鉛筆じゃ無いと色が乗らないとなりますと、結局コストがなぁ・・・。

結局は個々の好みとか、やはり使い慣れた紙、というのもありますね。

水彩のみの仕上げですと、グラデーションの難しさ等からあんまりおススメではないようですが、慣れ、というのも大きいので、水彩紙として長らく販売されてる商品ですし、使えないって事は無いと思います。

f:id:suzumame:20200402011402j:plain

全体に入りました。大変・・・。

f:id:suzumame:20200402105623j:plain

浅黄色、と言うのでしょうか、ちょっと緑がかった水色の着物の下塗りです。柄の所を避けながら・・・なのでムラが出来てしまいました。ムラは色鉛筆でなんとか誤魔化したいと思います。薄い色なので誤魔化せるかな・・・という感じですが;;

首の下だけ何故かがっつり影が入っているのは、ちょっと下塗り中にけば立ってしまって、けば立ちじゃなくホコリが付いたのかな?って消しゴムでこすってしまったら余計けば立ちが大きくなってしまったもので・・・色鉛筆で誤魔化せるかと塗りこみましたら、誤魔化せました。

最悪「描き直し」かと焦りました・・・;;

色鉛筆が「膜」みたいになったというか・・・色鉛筆、神・・・。

f:id:suzumame:20200402105907j:plain

瞳は下塗りのつもりで入れたんですが、下塗りにしてはしっかり濃い色になりました、でも下塗りです。

f:id:suzumame:20200402110616j:plain

衣装に色鉛筆で影を入れて行きます、ムラになってしまったところを誤魔化しつつ・・・。薄い色なので難しい~~~。濃い色でしたら下地のムラなんてほぼ解らなくなるんですが。

でも、夏場なら絶対に色が乗らないであろう薄めの色でもちゃんと乗る感じです。湿気の影響すごい・・・。冬場は色鉛筆、夏場は水彩、と言う風に出来ないかなぁ・・・。真夏はまだ絶対要冷房だからともかく、梅雨時の別に冷房付ける程でも無い、って日に「除湿」をかけないといけないのは・・・電気代が気になってしまって;;

薄い色なので、進み具合が写真だと良く解りませんね;;舞楽の衣装なので、なるべく資料に忠実に、と思ってます。

舞楽の衣装は美しいものが多いので、他にも描いてみたいのもあるのですが、やはり色柄が決まっている事もあって、多少のアレンジはするものの、適当には描くのは憚られることもあって難しいです。

それでは、次回へ続きます。

隔日更新にしたので、メイキングも今までよりはボリュームアップでお届けできたらと思っています。

お付き合い下さいまして、有難うございました!!