鈴豆そうさく日記

自作イラストやドールドレスの紹介、日々の片付けや独り言などゆるゆる綴っていきたいです。

「糸柳」色鉛筆&鉛筆オリジナル平安イラスト:夏といえば怪談

f:id:suzumame:20190805113242j:plain

こんにちは、鈴豆です。

「糸柳」色鉛筆&鉛筆オリジナル平安イラストです。

使用画材:色鉛筆・鉛筆・透明水彩(下塗り)

「糸柳(枝垂れ柳)」の花言葉(花、というイメージが無かったのですが、春に花を咲かせるそうです)は「愛の悲しみ」「悲哀」等らしく、憂いの印象です。

花言葉は知らなかったのですが、確かに糸柳に明るい印象は確かに無かったですね。

柳は、どっちかというと個人的には、夏のイメージで、

川辺に植えられていることが多いので・・・夏祭りなどの帰り道、暗い川沿いにゆらゆらと揺れる柳の木の横を歩くの怖かったです・・・。

夏といえば怪談

・・・怪談系はめちゃくちゃ苦手です・・・。

ちびまる子ちゃん」でも似たようなエピソードがあったのですが、夏休みの時期、お昼のみのもんた司会の番組で

「あなたの知らない世界」って、視聴者投稿型の心霊体験のコーナーがありまして・・・、暑いのに、怖いものを見る時って背後が気になるものだから、

布団をかぶって

そのコーナー見てました・・・。いや、そんなに怖いなら見なきゃ良いのに??って思うんですが、怖いもの見たさと言いますか・・・。投稿型と言っても、実際に体験したのか創作なのか実のところは解らないよなぁ、って今となっては思うのですが。

また心霊写真の鑑定コーナーとか、中にはこれは心霊写真ではない(ゴミの映り込みとか、フィルムが重なっただけ)とか、大丈夫、守護霊です、みたいなのもありますけど、

「これはヤバい!今すぐお祓いを!!!!!」みたいな事を言われてるのを見ると、うわあああああああぁぁぁ~~~~~~~~!!!!!・・・と。

いや、だから、見なきゃ良いのに・・・???子供の好奇心恐るべし。

ホラー映画とかは「フィクション」と解っているので比較的まだ平気ですけども、実体験系は怖いです。

世は世紀末、連日のように、特に夏場はそういう心霊系とか、UFOを探せ!みたいなオカルト系ばかりで、日本中のお茶の間を冷やしていた事でしょう。

ノストラダムスの大予言とか騒がれていたのは実は本場フランスと、日本だけだったとか;;

パタリロ!」の魔夜峰央先生が、「ガラスの仮面」の美内すずえ先生の「黒百合の系図」でアシスタントをしていて、自分の描いたところはタッチが違うのですぐ解る、とエッセイで書かれていたのですが・・・、

「黒百合の系図」持っているのですが、作中に出てくる心霊写真の絵が怖すぎて・・・見れないんですよ。いや、どこが魔夜先生の担当だったのか探したいのですけど、怖いです。

ですが、「怖くて見れない」と思わせる程怖い絵が描ける、というのも凄い画力だなぁ・・・。

「リング」の流行後は、レンタル店でも、「これが本当の呪いのビデオ!!これを見たら呪われますが、何が起きても当社は責任を負いません」とか書いてあるホラービデオがわらわらあったなぁ。呪われたくないし、パッケージすらマジマジとは見れませんでした。

貞子はあまりにも有名になり、その後は色々なパロディとかバラエティなどで、今でも登場しますね。そういう、ちょっと笑える系は安心して見れるんですが;;

今は心霊云々より・・・Gとか、電気代の方がホラーだったりします。

健康の方が大事なので、エアコンはもう生きるために必要なもの、と割り切って・・・あぁ、秋が恋しい(;´Д`)。

暑さもピークは過ぎたと信じて、もうしばらく頑張りましょう!

お読みくださいまして、有難うございました!!

「金魚姫」色鉛筆&鉛筆オリジナルイラスト:夏祭りと言えば「金魚すくい」

f:id:suzumame:20190804115610j:plain

こんにちは、鈴豆です。

「金魚姫」色鉛筆&鉛筆オリジナルイラストです。

使用画材:色鉛筆・鉛筆・透明水彩(下塗り)

背景の水面も鉛筆なのですが、色鉛筆で、青系の色にしたらもっと水っぽさが出るのかなぁ、と思ったり。

ですが、鉛筆って、ボカシも綺麗に出るし、失敗しても消せるし・・・便利な画材・・・、あ、今は「消しゴムで消せる色鉛筆」と言うものがあるとか。発色や塗り心地の方は試してみないと分かりませんが・・・。

ボカシがが綺麗に出る、と言う面では、「パステル色鉛筆」と言うものもあるのですが・・・紙のコンディションによってなのか何なのか・・・、保護スプレーも何もかけていない状態でも、色が乗る所と乗らない所があって・・・、まだまだ研究が必要です。

金魚のしっぽのフリルって凄く綺麗で・・・、ペットショップに行くと水槽の前で見とれてしまいます・・・、水中でひらひら揺らめくのがなんとも幻想的!!

姫様の着物の裾をフリルっぽくして、「金魚風」を目指してみました。

夏祭りと言えば「金魚すくい

昔、某投稿雑誌の4コママンガで

金魚すくい」が「金魚救い」と書かれていて・・・す、救わねば~~~~!!となるエピソードがありました。投稿型のマンガってこういう、あ~、解る~~~!!って面白いんですよね。

金魚すくい・・・、私はめちゃくちゃ下手です・・・。子供の頃などは、1匹もすくえないのが普通でした。

金魚すくい名人とか出てくるテレビなどでコツを学び・・・、何とかかんとか5匹くらいすくえるようになったかな・・・???そして「大人」が金魚すくいに参加している図に周囲からの白い目・・・。子供か、子供連れじゃないと変、みたいな。

子供の頃はお小遣い少なくて出来なかったんだよぉ・・・。

ただ、金魚をもらっても、飼育する設備が無いので・・・、金魚自体は辞退で。

今は動物愛護の観点から、「金魚すくい」は減っていて、「スーパーボールすくい」とかが増えてる感じですね。

確かに、生きていて、泳いでいて、ピチピチはねるものをすくうから面白いという面はありますが、金魚だって、人間に弄ばれるために生まれてきたわけでは無いのですし・・・。

ちなみに「聖☆おにいさん」によりますと、金魚をその辺の川に逃がす、というのは、生態系を乱すし、そもそも野生では生きていけないのでダメなんだとか・・・。その後、神仏の力によって進化?して数も増えてしまった金魚達は、天界の計らいによって・・・

ガンジス川」に放流。

「あそこで生きていけたら宇宙でも生きていけるよ!!」byブッダ

ガンジス川は残念ながら日程の都合上、行けなかったのですが・・・、インドは、色んな意味ですさまじかったです。もうちょっと治安と衛生面が良くなったら・・・また行ってみたいですけど・・・、かなりキツかった。

あ、カレーは大好きなので、3食カレーは全然平気でした(本当に3食カレーでしたが、小麦粉使わないサラッとしたものですし、味付けも違いますから、飽きはしなかったです)!!

お読みくださいまして、有難うございました!!

「夏の天使」:号泣必至ブラック・ジャック「シャチの詩」

f:id:suzumame:20190802123918j:plain

こんにちは、鈴豆です。

「夏の天使」オリジナルアナログイラストです。

使用画材:カラーインク・透明水彩・ラッカースプレー(背景)

ショートカットは私にしてはとても珍しいです・・・、夏らしく、ショートカットにビキニのような高露出衣装・・・うう~~~難しい!!!翼と、リボンの裾でちょっと画面を埋めました。

そして何故か、フォトショで読み込めなくなっていて・・・、またもスクショ取り込み。あ、横向きにすればもう少し大きく読み込めたのか・・・。

サイト上では縮小表示なので良いと言えばいいのですけど、悲しい・・・。GWに確認した時は行けてたのに・・・、やっぱり最新版買わないといけないかな・・・、出費が痛すぎる・・・。

ブラック・ジャック「シャチの詩」

夏と言えば海、海と言えば「海のトリトン」、トリトンと言えば、ブラックジャック

「シャチの詩」ってこじつけですけど、もう、BJの中でも個人的に一番泣ける話なのです・・・。

f:id:suzumame:20190802124918j:plain

崖の上で開院した5年前(BJの年齢が謎です・・・、中学卒業から12年、という描写から27歳?5年前なら22歳ですが、この年齢なら医学部卒業も出来ないですよね???時代的に制度が違ったんでしょうか???)、初めての患者は何と入り江に打ち上げられたシャチ。

特別サービスという事で無料で治療をしてあげるBJ。

シャチはお礼に真珠を持ってくるようになります。

f:id:suzumame:20190802125423j:plain

何度も傷を作ってきては、BJに治療を求めるシャチ。真珠やサンゴや金貨と言った、報酬も支払います。

f:id:suzumame:20190802125542j:plain

BJはシャチに「トリトン」と名前を付け、次第に友情を深めていく二人。

ですが、このシャチはとんでもない乱暴者で、漁場荒らしで有名であった事を知ったBJはトリトンに大海原へ出るように諭しますが・・・

その後、シャチが船をひっくり返して子供を3人食い殺したと大騒ぎに。

当然人々は大々的にシャチ狩りをして、ついに瀕死の重傷を負わせたとか・・・、トリトンであってくれるな、と願いながら入り江に向かうBJでしたが、やはり犯人はトリトンだったのです。

f:id:suzumame:20190802130046j:plain

瀕死のトリトンは、真珠をくわえながら、BJに治療を求めますが、子供を食い殺したトリトンをBJは助けられないと拒否します。

f:id:suzumame:20190802130201j:plain

トリトンは血まみれになりながらも一つ、また一つ、報酬を支払えば、治療を受けられると信じて真珠を運び続けます。

もう「かわいそうなゾウ」みたいな、号泣必至展開・・・。

ついにはトリトンは真珠をくわえたまま息絶えます。

BJは、命に「人間が絶対に上」という思考はあまり無く、すでに死んでいるミイラや、機械をも誠意をもって治療しますし、重大犯罪者を治すこともあり、重症度に応じて、動物の治療を優先することもありますが、人を食い殺したトリトンは治せないというのです。

ですが、トリトンが「人間」だったら・・・、多分治療したよね?当然、人間ならばその後「法の裁き」を受けることになりますが・・・、BJがその気になれば顔を変え指紋まで変えられるのですから、容易に逃亡させることもできるでしょう。

そして「友」だからといって逃亡の手助けをする事も是非が解れるでしょうし。

トリトンを見捨てたBJの行為の是非・・・これは本当に賛否が分かれる所でしょうし、絶対的な正解は無いかと思います。

正解が無いからこそ、悲しい。例えば、BJが巨大プールみたいなのを作って絶対にトリトンが外に出ないように囲った上で治療する、という事ももしかしたらありかもしれません。ただ、BJも開業したてでそんな資金は無かったかもですが。

全ての事に「是」か「否」かなどと言えないものです。

人を食ったトリトンを、BJは見捨てる事にはなりましたが、友としての想いは永久に続いたことと思います。

もうこれ、夏休みの読書感想文の「課題図書」にしてくれないかな、という位色々考えさせられる話です。いや、小学生には厳しすぎるかな。でも「かわいそうなゾウ」は子供に聞かせてるし、実話なだけに余計に残酷。

ブラック・ジャック」は一話完結なので、たまには「あれ?」と思う回もありますが・・・、言うまでも無く超名作です。

医療物であり、時代による差別表現が含まれるという観点から、未収録の話も多いのが残念な所です。清濁併せ持つからこそ、名作なのではないのでしょうか。


 

多分、一番収録話数の多いのはこの秋田コミックス版でしょうか。

話数はともかく、文庫版、豪華版と収録順が違ってややこしいので、個人的には素直に「発表順」から収録して欲しいです;;

お読みくださいまして、有難うございました!!

新作メイキング「花魁風少女」

f:id:suzumame:20190731114959j:plain

こんにちは、鈴豆です。

今回は「花魁風少女」を描いて行きます。

スマホで、斜め下から撮影ですので妙にガタイがよく見えますが・・・。

正式な花魁衣装・髪飾りではないので・・・「花魁風」です。

花魁と言っても、必ずしも肩を出して着崩していたわけでも無く、きっちり衿を正していたりもするようで。

あと、髪が飛び散ってないと個人的に落ち着かないので・・・なんちゃって花魁風です。日本髪風、難しい・・・前髪欲しい・・・。

花魁体験では結構髪型も洋風だったり髪飾りも自由だったりするので・・・雰囲気優先という事で(;'∀')。

f:id:suzumame:20190731115246j:plain

今回は背景はシンプルに・・・と思い、所々マスキングしつつ、ザバザバ塗っていきます。夜、のイメージです。

今回はマスキングインクを使うので・・・、紙は「ホワイトワトソン」を購入してみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホワイトワトソンブック 239g(特厚口) F4 HW-2404
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/17時点)

楽天で購入

 

ブロックタイプは、300gしかなかったので・・・スケッチブックだと239gがありました。300gでも、トレース台使えるのか気になる・・・、多分使えるかと思いますけど、細かい装飾部分が心配;;

アルビレオも表面強度は「やや強め」ですけども、マスキングに負けることが多いので;;コスパ的にはアルビレオの圧勝なんですが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルベイン アルビレオ水彩紙 ブロックAB-F4 中目 24枚
価格:1010円(税込、送料別) (2019/8/17時点)

楽天で購入

 

今まで描いてきたイラストはほとんどこの「アルビレオ」ブロックタイプです。

切り離して使用。

218gなのでトレース楽ですし、コスパ最強!!水彩なら、水張りはしないとベコンベコンになりますが、色鉛筆メインであれば、この紙で不足ないですね、他の紙も色々試してみたいと思っていますが。

f:id:suzumame:20190731115605j:plain

肌と、着物の陰影をつけていきます。着物は上からガッツリ模様を入れるので、コントラスト強めに、また、塗り重ねをするので、耐水性になるアクリル絵の具使用です。

f:id:suzumame:20190731115808j:plain

下の着物や帯も同様に、アクリルでコントラスト強めに下塗りしていきます。

アクリルはボカシが難しいので・・・「遅乾剤(ぼかしメディウム)」を絵の具に混ぜて使います。

f:id:suzumame:20190731120006j:plain

着物の模様の線を入れていきます。振袖のカタログを参考に、主線を色鉛筆で描いて行きます。着物は、形はほぼ共通なので、色柄が命・・・。

f:id:suzumame:20190731120156j:plain

上の着物は、白地に紫系の柄・・・と言う感じで、色入れていきます。

ひぃ~、面倒くさ・・・、いえいえ、とっても・・・楽しい作業です・・・(*´Д`)。

f:id:suzumame:20190731120530j:plain

ひたすらチマチマ進めます。え、どこが進んでるの?と言いたくなるくらい進みません。心が折れそうです。だからこそ、完成した時の達成感があります。

「そこに山があるから登るのだ。」

私はアウトドア系は全くやらないのですけど、どれだけ苦しい思いをしても、高い山に登りたいという気持ちは解らないでもないような気もしたり・・・。

でも基本ダラダラしていたいです。前世は「ナマケモノ」だった自信があるわ~、ってよく言ってるたのですが、実は「ナマケモノ」は怠けているわけではない・・・と聞いて、ならば私は「ナマケモノ」ですらない・・・、前世は何だったんでしょう。

f:id:suzumame:20190731121309j:plain

櫛やかんざしをマスキングして、髪の下塗りです。

やはりマスキングインクをすると多少紙は荒れますね;;

ところでマスキングインクって・・・中性洗剤で薄められるのだとか・・・、薄めた方が滑らかに塗れるそうで・・・、知らなかった・・・。使うたびにダマダマのゴム化してるんで、筆もダメになりますし・・・。

知らないことが多すぎます。奥深い絵の世界・・・。無知すぎて泣きそうです(ノД`)・゜・。。

今回はここまでで。次回へ続きます。

お付き合いくださいまして、有難うございました!!

「向日葵と女童」色鉛筆&鉛筆オリジナル平安イラスト

f:id:suzumame:20190730122534j:plain

こんにちは、鈴豆です。

「向日葵と女童(めのわらわ)」色鉛筆&鉛筆オリジナル平安イラストです。

使用画材:色鉛筆・鉛筆・透明水彩(下塗り)

向日葵も、日本に伝わったのは17世紀・・・らしくって・・・いや、その辺の交渉の甘さはご容赦ください・・・(T_T)。

夏と言えば、向日葵と朝顔位しか思い浮かばないという貧困な花知識;;

童女の場合、小袖(下に着る白い着物)も「濃色」になるとか何とか・・・

全然知りませんでした。袴だって赤い方が可愛い・・・。

身分によって、着ても良い服の色とかもあるので・・・、しかしながら、それを気にしてると自由が無くなっちゃいます(というのは建前で、知識が乏しいのです)。

まだ、尼削ぎの残る位の童女も好きでよく描いていました。

あさきゆめみし」では、11歳の「明石の姫」が、身丈を超すくらいロングヘアになってて・・・、紫の上も、10歳くらいまで尼削ぎ(おかっぱ)だったと思うのですが・・・、そんなに急に伸びるもんなの~~~???と不思議に・・・。

matome.naver.jp

平安装束は、屋敷内では、裾をズルズル引きずって歩くのが主流かと思いますが、外を歩くときはこんな感じでお端折りみたいに裾を上げて、袴も切り袴だったと思いますので、そういうイメージで描きました。

裾ズルズルの長袴・・・すぐに裾ボロボロになるだろうなぁ・・・、姫君はもう、部屋からも出ずに、寝転がって過ごしていたとか言うので・・・そんなに関係なかったのかもしれまでんが、日光に当たらないので、骨粗しょう症とか多かったようです。

今時の女性も、光老化を恐れて極端に日光に当たらないようにするために、やはり骨粗しょう症や、ビタミンD欠乏症とか、色々弊害があるようで・・・、

ですが、やはり日焼けによるシミやシワ(紫外線のせいでシワになるなんて、昔は言われてなかったですからね・・・;;)はやはり嫌ですよね;;子供の頃なんて日焼け止めなんか売られても無かった・・・って事も無いでしょうが、子供の小遣いで買えるようなものでは無かったです。

私は、幼稚園児の頃から、あんまり外に出ず、部屋で絵を描くのが好きな子供でしたので、「れんらくちょう」にも「もっと外で遊びましょう」とか書かれる程で、無理矢理外に放り出されていたのですが、そのまま屋内にずっといてたら・・・今頃もう少し美肌だったかもしれないのになぁ・・・、とか思ってしまいます。

当時は大人も、光老化とか子供の頃に浴びた紫外線が大人になってから影響が出るとか、そういう事は知らなかったので仕方ない(子供は外で遊ぶのが健全!赤ちゃんにも日光浴を!というのが常識だったようで)のですが。

外で遊ぶのが好きな子も、部屋の中で絵を描くとか音楽を楽しむとか本を読むとかいう方が好きな子もいて、それはもう「個性」なので、「子どもはこうあるべき!!」とあんまり決めつけないで欲しいかな・・・、と思います。

とりあえず、早く涼しくなって欲しいなぁ・・・。

お読みくださいまして、有難うございました!!