鈴豆そうさく日記

自作イラストやドールドレスの紹介、日々の片付けや独り言などゆるゆる綴っていきたいです。

「薔薇の巫女」オリジナルアナログイラスト:デジタルの対義語はアナログ??

f:id:suzumame:20190910195137j:plain

こんにちは、鈴豆です。

「薔薇の巫女」オリジナルアナログイラストです。

使用画材:色鉛筆・鉛筆・透明水彩(下塗り)

薔薇と人物のサイズからして、ミニサイズの妖精さんか何かの巫女さんです。

広袖で、赤やピンクの重ね付きな装束も架空の物ですが、リアルな巫女装束は意外とシンプルで、そのまま絵にすると地味になるかも・・・です。

あの、清楚で飾り気の少ない装束(お祭りのときなんかは派手になりますけど)が、素朴で可愛らしいし、大好きです。

道着の袴も好きで、弓道部の女子のが袴姿で弓抱えて歩く姿・・・、何とも凛々しくて愛くるしいと思いながら眺めてました(#^.^#)。同性なのに、え~???ですけど・・・、そういう趣味は無いですが、可愛いものは可愛いです。

ところで、私はアナログイラストが好き(見るのはデジタルも好きです!)で、デジタル物には色々ついていけてないんですが・・・

「デジタルの対義語ってアナログかなぁ・・・(中略)、しいて言えば、

アナクロ・ローテクですね」

と、この間読んだマンガでありまして・・・、え、デジタルの対はアナログじゃないのか~、ローテクって・・・(*´Д`)!!

気になって、調べて見ましたら

デジタルとは「数や量を有限桁数の数値で表現する方式」

アナログとは「数や量を連続的な物理量で表現する方式」

で、一応は対義語と捉えて良いらしい(済みません、言葉で説明されても良く解りません)・・・、のですが、機械に弱い人を「アナログ人間」と表現する事や、

手描きとか機械を使わない系の手作り品を「アナログ」とするのはちょっと違うのかもしれない・・・です。

anachronism「アナクロ」「時代遅れのもの」

という方が正しい・・・のかな、時代遅れ・・・ガガーン・・・(;´Д`)!!

しかしながら、手描きとは言え・・・、ブログにアップする際にはスキャンなりカメラなりで取り込んで、PCで色補正サイズ変更等あるわけですから、デジタルと無関係・・・では無いんですよね。

時代遅れ・・・、確かにそうでしょうけども・・・ううう、私は手塗り絵が好きです!!デジタル絵もアナログ絵も、パッと見た時の印象とか全体の構図や配色のバランスとか大事ですし、それは「センス」が無いと無理な事で、デジタル絵アナログ絵に優劣があるわけでは無いと思いますが、アナログ絵描きが減っている分、手塗り絵の価値や希少性って割と最近上がって来てるなぁ、と思いますし、デジタルの技術が発達していればこそ、今はスキャン取り込み画像データで雑誌投稿だって出来るのです。

昔はマンガ投稿なら返却がありましたが(ただ投稿型マンガ雑誌とかには返却がありませんでした)、イラスト投稿って返却無しで焼却処分だったんです。

手元にも残らないし、ボツったらそのまま闇に消え、掲載されても小さくって、景品に500円分のテレカ(テレフォンカードですよ!!もう使えない・・・;;もしもの時に一枚くらい財布か何かに入れておいても良いかもですが、正直売っても二束三文です)では、本気絵は出せないですね。モノクロイラストなら、コピーも結構綺麗でしたけど、カラーコピーは・・・うん・・・酷かったです。今もコンビニスキャナの性能から言って、カラーコピーには多分期待できないです。

高性能スキャナで取り込んだ絵のデータを持って行ってのプリントであれば綺麗なのかもしれないですが、やったこと無いので解りません;;

ですから、デジタルが発展した事でアナログ絵描き側も色々恩恵は受けているのです。アナログ画材が減っているのは事実ですが、完全に絶滅は・・・まだまだしないんじゃないでしょうか?美大生が大学で習う絵が全部デジタルなんてちょっと考えにくいです。

手描き=アナログ、で言葉として定着してると思うので、手塗りイラストをして「時代遅れ」と表現するのは酷い・・・かな、と思いますし、もう「アナログイラスト」という言葉で行きます。

お読みくださいまして、有難うございました!!